まあるく気持ちを取り戻す

無理をせず確実にパートナーの気持ちを取り戻す方法です。特に男性が奥さんや恋人の気持ちを取り戻すための方法を記載しています。

奥さん以外の女性からも好かれる男性に

f:id:mizumoshitataru:20170501071521j:plain

 Photo by:miyukiutada

 

あなたは普段、

会社の女性から誘われたり、

相談されますか?

 

女性から誘われる、

ということは

それだけ魅力があるからです。

 

奥さんに気持ちを取り戻すのに

一生懸命になるのはよいのですが、

 

会社でも女性との関係を良くすることに

意識を向けてみるのもいいと思います。

 

他の女性を意識することで、

奥さんのことばかり見て

視野が狭くなるのを防げますし、

 

奥さんを取り戻すヒントを

同じ女性である彼女たちから

得られるかもしれません。

 

今ある環境をうまく使う

 

このサイトでお伝えしていることは

普段の女性との接し方にも当然ですが役に立ちます。

 

それを社内の女性で練習してみるのも良いですね。

 

特にコミュニケーションの練習なら

家庭の外でいくらでもできます。

 

会社の女性だけでなく、

お店の店員さんでも、

何かを配達にきた女性でも、

 

「大変ですね」

のように

気遣う言葉をかけてみるなどして、

 

どういう反応が返ってくるのかを

楽しむのも良いと思います。

 


周囲にある使える

環境、人、物・・・

 

以外にも身の回りには、

奥さんの気持ちを取り戻すのに

役に立つものがあるものです。

 

女性もそこは嘘はつかない

 

頼り甲斐のある男性には

女性は誘ったり

相談したりするものです。

 

社内での

ご自分の立ち位置と

女性社員の自分と接する時の態度は

自己改善のよいヒントになります。

参考にしてみてください。

 

そして

社内で

女性から人気があったり

頼られていたり

いい関係を築けている男性の

言動は参考になります。

 

 

恋愛でもモテるために

一番いいのは

モテる人と一緒にいることだ、

と言われますが、これは本当にそうです。

 

どんなにがんばっても

うまくいかないのなら、

 

自分の考えを捨てて、

そういう人たちから吸収する

謙虚さが必要です。

 

体で感覚をつかもう

 

10年ほど前の

TBS系のドラマで「バツ彼」(高橋克典主演)

という作品があります。

アマゾンで

観たのですが、

 

このドラマは

女ごころをぐっとつかむ

男性のふるまい方を学ぶには

大変おすすめです。

 

 

 

高橋克典演じる

恭介(主役)は

かなりの「女好き」です。

 

離婚された設定ではあるのですが、

彼のような男性は

現実社会では

女性にモテモテです。

 

このドラマのいいところは

比較できるキャラクターがいることです。

 

対照的な陽平(高嶋政伸)は

紳士的で、

一見すると良い人です。

 

しかし好きな女性に

全然振り向いてもらえません。

 

このサイトで女性の気持ちや

考え方を知った上で

このドラマを見ると、

 

なるほど、と落とし込みがしやすいと思います。

おすすめです。

 

 

観るポイントとしては、

恭介の女性とのコミュニケーションの取り方

を意識してみるといいと思います。

 

ほとんど自分の話をすることはなく、

聞き役なこと、

人に対し自分の考え方を押し付けたりしないこと、

相手に感情移入して話を聞いてあげること

 

 

逆に陽平はいい人どまりなのはなぜか?

女性とのコミュニケーションの取り方を

恭介のケースと比較してみると良いです。

 

陽平は正しいことを言っているけれど、

融通が利かなかったり

相手の女性のためではなく

自分の息子のためだったり、

実は自分本位なところが見え隠れしています。

 

 

二人を比較して一番違いがあるのは

恭介は相手を変えようとしない

丸のまま相手を受け入れる優しさがあることです。

 

陽平もいいひとでまっすぐですが・・・

 

奥さんの気持ちを取り戻すのに

参考になるドラマです。

 

 

もちろんあなたに

参考にしていただきたいのは恭介です。

 

 

ご自分のキャラクターや性格はあるものの、

このようなドラマの中の

女性を吸い寄せるキャラを真似してみるのは、

 

前述したモテる男性と

一緒にいるのと同じようなの効果があります。

 

立ち振る舞いやリズム感、を体で感じるつもりで

女性に好かれる男性に近づいてみましょう。