まあるく気持ちを取り戻す

無理をせず確実にパートナーの気持ちを取り戻す方法です。特に男性が奥さんや恋人の気持ちを取り戻すための方法を記載しています。

コミュニケーションのポイント

f:id:mizumoshitataru:20170430182801j:plain

 

 

今日は奥様に感謝される

意見の伝え方を

お伝えしたいと思います。

 

 

奥さんの気持ちを取り戻そうとしているときは

奥様に考え方を合わせるのがベストです。

 

でも

顔色を伺う必要はあまりないと思います。

 

 

気持ちを伝えたかったり

意見を言いたい時もありますよね。

 


そんな時は 「正論」

で話を進めるのは控えましょう。

 

 

『気持ちの離れた奥様をご主人が追っている』

という状況下では


ご主人の正論は

ストレートな表現をしてしまうと

うざったく女性は感じてしまいます。

 

 

気持ちを取り戻そうと、

必死に奥さんを追っている時の

ご主人のモノの伝え方というのは、

 

・嫌われたくない恐怖

・不安

・嫉妬

・正論

 

 

これらがミックスされて
皮肉や嫌味たっぷりの

 

言い方や表現をしてしまうことが

とても多いです。

 

わざとらしい敬語なども

女性は苛立ちます。

 

具体的にはこう言いましょう。

 

例えば、

夜に奥さんと

話をする約束をしていたのに


奥さんの帰宅が遅くなって

話が出来ないような

シチュエーションがあるとします。

 

そんなときにご主人は

次のようなLINEをついつい

送ってしまいがちです。

 

「ただ話がしたかっただけです。

君が仕事で遅いと思ったから

いろいろ家のことを済ませておいただけだよ。


なのに帰ってくるまで起きて待ってるのが

嫌味だとか怖いと 言われるのは心外です。

そもそもなんでこんな遅い時間になるんですか?」

 

 

 

・くどくどした説明


・自分のしたことがいかに正しいか


・自分の意見


・否定から入った質問

 

・・・

 

奥さんは

完全に拒否反応をしめしてしまいます。

 

このようなLINEを送ってしまう

ご主人の気持ちはわかるのですが、、、

 

こんなときはどんな

LINEを送ればいいかというと

 

奥さんが帰れない、話ができない

と言ってきたら

 

 

「そう?」

などとさらっと返信し

 

「じゃあ先に寝てるね」

と話を切り上げてしまうのがいいと思います。

 

なかなか勇気がいりますが

結局ご自身も変なメールを送って

自己嫌悪にならずにすみますし、

 

気持ちを取り戻すためにも

もちろんこちらのほうが

いいですよね。

 

また、

あなたの何かの言動に対し

奥さまが「嫌味だ」と言ったなら、

彼女にとっては
嫌味なのです。

そこは否定をしないようにしましょう。

「妻にとってはそうなんだな。」でストップして

それ以上余計なことは考えないのがベストです。

 

奥さんの顔色を伺う必要はありません。

 

気持ちを取り戻そうとしていると

奥さんの顔色を伺って怒らせないように

嫌われないように気を使う方がいらっしゃいますが、

 

 

奥さんの気持ちを汲んだり、

寄り添ってあげることは大切ですが

顔色を伺う必要はありません。

 

 

ポジティブなシチュエーションのときは、

顔色を伺うのもアリです。


例えば、

喜んでいることをよかったねともっと喜んであげたり

資格試験に受かったら「さすが」と

言ってあげたり

奥さんが言って欲しい言葉を投げかけてあげるのは

気持ちを取り戻すのにとっても有効です。

 

しかし

それ以外の状況では

あなたが奥さんに合わせる必要は

あまりありません。

 

 

聴きたくないことは聞きたくない、

見たくないものは見なくていいのです。

 

嫌味などを言わない代わりに

こういうご自身の線引きをきちんとして

 

奥さんに媚びないほうが

行動にも一貫性が生まれ

取り戻すのには有効です。

 

 

 

Photo by eflon