読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まあるく気持ちを取り戻す

無理をせず確実にパートナーの気持ちを取り戻す方法です。特に男性が奥さんや恋人の気持ちを取り戻すための方法を記載しています。

奥さんの情報をキャッチするアンテナを磨こう

f:id:mizumoshitataru:20170429163622j:plain

by:gertrudster

 

奥さんの気持ちを取り戻すことばかり考えていると、

気持ちを取り戻すのに必要な情報を

得ることはできません。

 

そして奥さんを見る、

見方(みかた)もとても大切です。

 

たとえば、

奥さんがあまり着ないような

明るめの色のワンピースを着ていたとしますよね。

 

そしてそれがとても似合っていた。

 

 

そんなときに

「うわっそれすごく似合ってるね」

ってふと口から出てしまう。

これって女性からするととても嬉しいんです。

 

 

しかし、

気持ちを取り戻りしたい、

自分の要求に執着してると

 

 

「どうせ浮気相手に見せるためなんだろう」

「どうせそれは俺のためじゃないんだろう」

 

このような考えがあなたの目を曇らせてしまいます。

そして暗ーい雰囲気を醸し出してしまいます。

 

 

女性は男性に褒められたいから・・

もありますが、

そもそも

俺のためも不倫相手のためもなく

自分のために

おしゃれを楽しんでるんですけどね・・・

 

あなたの目は曇っていない?

 

このような自分に無自覚な人はとても多いです。

 

しかし、

『自分が何を見ているか』

は、本当は一番注意を払わなければいけない部分です。

 

奥さんが他の男性を見ている状況なら、

なおさらです。

 

取り戻すきっかけは目の前に

ゴロゴロ転がっているからです。

 

これは

取り戻したクライアントさんの

証言からも明らかです。

 

 

『取り戻そうとしている段階で、

奥さんは取り戻すきっかけを

自分にたくさん与えてくれていた・・・

 

単に自分がそれに気がつかないだけでした』

 

と、何人の方から

聞いたかわかりません。

 

 

情報収集には注意が必要

 

自分の思考を通した

曇った目で世の中を見ている

(奥さんを見ている)状況というのは、

 

 

女性が苦手な男性が、

「女性にモテる方法」や

「ナンパ氏が教える女性を口説く方法」

といった情報、テクニックに手を出しているのと

実は同じです。

 

 

使いこなせない武器を持つのは

とっても危険です。

 

 

たとえば、

「女性と歩くときは歩くスピードを合わせましょう」

とある本に書いてあったとします。

 

でもこれって

女性が高いヒールを履いているのをきちんと見て、

その情報をきちんとキャッチしていたら

「歩きづらそうだな」
というのに気がつきますよね。

 

 

上のようなノウハウを知らなくても

自然と歩く速度は合わせるはず。

 

日常はイレギュラーの連続です。

 

 

「どうやって女性に好かれるか」

「どうやって今晩彼女と過ごすか・・」

こればかりに意識を取られていると、

ダメなのはわかりますよね。

 

ノウハウは余計頭の世界にフォーカスしてしまうので、

結構怖かったりするのです。

 

大切なものは目の前にあると

思ってくださいね。

 

奥さんの気持ちを取り戻すのに必要な「視点」とは?

 

 

 

こういう男性でも、

子供と一緒に歩くときは、

「歩くスピードを合わせなくちゃ」

と思わなくても、

子供に合わせて自然に歩けるはずです。

 

 

「この子にどうやって好かれようか」

などとは考えないですよね。

 

これは体の大きさが小さいので

コントラストも強く、

相手の情報をキャッチせざるを得ないからです。

 

 

ぜひ自分の視点に注意してみてください。

何をどうしようか、
どうしたら、って考えるのではなく


外に自分を開いて

今を肌で感じる感覚を持ってください。

 


奥さんの情報にも

気がつく感度の良い自分を作っていきましょう。

 

 ペパーミントビーズなど、(フリスクでもいいですが)

気分を変えるのにも効果的。

「あ、今あまりいい気持ちの持ち方をしていないな」

と思うたびに一粒お口に放り込むなんて決まりを作って、

意識の改善をしていくのもひとつの手です。

 

 

 

 

f:id:mizumoshitataru:20170429170615j:plain

by:ajari