まあるく気持ちを取り戻す

無理をせず確実にパートナーの気持ちを取り戻す方法です。特に男性が奥さんや恋人の気持ちを取り戻すための方法を記載しています。

「でも」「そうじゃなくて」はNGワード

 

奥さまの気持ちを取り戻そう!
と強く思うと焦ってしまうひとが
とても多いです。

そういう方たちは
妻が不倫相手とくっついてしまう、
どうしようとか

妻がいなくなると思うといてもたっても居られない!
と、平常心を失ってしまうのです。

あなたもひょっとしたら焦っているかもしれません。

もし
今の状況を早くなんとしてでも変えたいと
思うのなら、焦りはよくありません。

焦ると客観性を失い、自分のことばかりアピールしようとするからです。

奥さまの気持ちを取り戻すには
自分主体ではなく
奥さま主体にならなければいけません。

 

f:id:mizumoshitataru:20170428210730j:plain

夫としてあなたがふさわしいと奥さまが思わないといけないわけです。

ふつう人はどういう人と一緒にいたいかというと

「自分をわかってくれる人」
と一緒にいたいのです。

自分を理解してくれる人と一緒に
いたいのです。

あなたは奥さまに
「わたしのこと全然わかっていない」と言われたりしていませんか?

それを

「でも」
「そうじゃなくて」

という否定する言葉で
奥さまに
「自分をわかってもらおうと」した

あなたは奥さまの誤解を正そうとしているのかもしれませんが、奥さまがそう思っていることをまずは認めてあげないといけないのです。

それが思いやりであり、優しさです。

奥さまの気持ちを開いていくには
あなたは奥さまを「受け止めている」姿勢を見せることが必要です。

 

具体的にはどうするの?


まずは現段階で
奥さまに対し
「でも」とか「それは違う」とか
「そうではなくて」
という言葉を言うのをやめましょう。

LINEでもこの言葉はよほどのことがない限り使わないようにしましょう。


代わりにあなたはどんな相づちを打つべきかというと
「君の言う通りかもしれない」
「そうだよね。考えてみたら一理あると思う」
「確かに」
「わかった」
という相手を肯定するワードを使ってください。

注意するのは、
安易な同意を繰り返さず、あなたがちゃんと考えているというニュアンスを言葉に出すことです。

何でも「ごめん」で済ませたり
「あなたの言う通り」と言われたら、
逆に「聞いてないでしょ?バカにしてるの?」と怒りを買うこともあります。


奥さまがして欲しいのはあなたにわかってもらうことです。

あなたからの意見や弁解が欲しいのではなく
自分を受け入れて欲しいのです。

「わかった」
という姿勢を奥さまに示すようにしていきましょう。